東北スイスプロジェクト・Facebook 東北スイスプロジェクト・Twitter 東北スイスプロジェクト・YouTube 東北スイスプロジェクト・LINE

「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトについて

ENGLISH



2015年4月

「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトは、スイスをはじめ世界約10か国に中高生を派遣している東日本大震災で被災した子ども達の継続した自立支援組織Support Our Kidsのスイス派遣を支援する部隊と生まれ変わりました。
http://support-our-kids.org/

「協力」組織に弊社SwissJoho.com GmbHを載せてもらっています。
http://support-our-kids.org/ja/committee/

これまでの皆様のご支援ありがとうございました。
これからも東北の子どもたちの支援を続けていきますので、ご協力をお願いします。


「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクト代表
田山貴子


※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※


東北の子どもたちに、スイスの大自然の中で、のびのびと野外活動や語学学習を楽しんで欲しい!

世界各国からキャンプに参加する子どもたちと友情を育んで、大きな夢を抱いて成長して欲しい!



このプロジェクトについて

はじめまして、「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクト発起人の田山貴子です。

震災から3年が経ちましたが、未だに仮設住宅に住み、遊び場も十分にない子どもたちがいます。

本プロジェクトは、東日本大震災で多大な影響を受けた東北の子どもたちを学校の夏休みと冬休み期間中にスイスのキャンプに招待し、短い期間でも特別な環境で課外活動や英語学習を楽しんでもらうこと、そして、キャンプ体験を通して東北の子どもたちが自信を持ち、国際交流を経験して大きく成長してもらうため発足しました。


発足のきっかけ

私は、「日本とスイスの架け橋になりたい」という思いで、2012年に【スイス情報.com】という会社を設立しました。スイス在住日本人による情報発信やスイスでの挙式のお手伝い、現地同行サービスなどのほかに、幼稚園から高校までスイス留学全般のサポートをご提供しています。自然が豊かで治安もよく、高度な教育レベルで知られるスイスには、世界各国の子どもたちが集まるインターナショナルなキャンプを開催する学校が多くあります。

子どもたちは、海外の子どもたちと触れ合う機会を得て、国際貢献について考えるようになったり、帰国後も参加者と交流を続けたり、キャンプ体験がとても有意義なものだと教えてくれます。大きく成長して帰国していく子どもたちの顔は、自信に溢れて輝いているのです。

私は、募金以外にも東北大震災の被災者のために何かできないか、と考えていたとき、東北の子どもたちに「スイスのキャンプに参加する」という機会を贈りたいと思いました。そうして始まったのが「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトです。

一人でも多くの子どもに、スイスの自然の中で、安心してのびのびと学んで遊んで欲しい。海外の子どもたちと触れ合う機会を得て、国際的な視点を持ち、キャンプに参加したことは、今後きっと何かの自信になると信じます。そして、将来様々な分野で東北の復興や日本の活性化を担う大人になってくれるかもしれません。


Twitter


皆様にお願いしたいこと

子ども一人をスイスのキャンプに招待するためには、およそ5,000スイスフラン(約50万円)が必要です。一人でも多くの東北の子どもに、スイスの大自然の中でのびのびと国際交流を体験する機会作りに、ご協力いただけないでしょうか。継続的な支援にするため、今後も毎年キャンプに1〜5名を招待したいと考えています。

個人の皆様からの寄付受付
企業様からの協賛受付
 
子ども一人招待の費用
渡航費用(日本-スイス) 2,000スイスフラン(約20万円)
キャンプ参加費用(学費・滞在費) 2,500スイスフラン(約25万円)
スイス国内の交通費・宿泊費
(キャンプ開催地-空港)
500スイスフラン(約5万円)
宿泊数で金額は前後します。
合計(子ども一人):5,000スイスフラン(約50万円)


寄付金のお振込みは、こちらにお願いします。

ゆき 日本で  ゆき
● ゆうちょ銀行(日本円のみ。振り込み手数料はご負担ください。)
記号と番号: 10010-45213501
名義(カタカナ):トウホクノコドモタチヲスイスノキャンプへプロジェクト
名義:「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクト

王冠2 スイスで 王冠2
● スイス郵便局(スイスフランのみ。手数料を避けるため、ネットバンキングでお願いします。)
Account 25-286589-3 CHF
IBAN CH95 0900 0000 2528 6589 3
BIC POFICHBEXXX
Name Tayama Takako

皆様の温かいご支援をお待ちしております。


寄付依頼の資料です。印刷してご利用ください。

日本語               英語
日本語文寄付依頼 英文寄付依頼



第一回企画:2013年12月

このプロジェクトでは現在のところ、宮城県に住む高校2年生の加賀谷光祐(かがや こうすけ)君を、1週間のウインターキャンプ(2013年12月)に招待されました。

日本・スイス国交樹立150周年記念ホームページでの2013年12月開催の案内:
http://www.ch.emb-japan.go.jp/anniversary2014/events/dates/20131223_tohoku_kids.html
 

メディアでご紹介いただきました。



光祐君のご家族は、幸いにも最悪の被害を間逃れました。その後、光祐君はお母さんと共に何度も石巻市でボランティア活動に参加しました。

震災ショックが消えることはないでしょう。しかし、光祐君がボランティア活動で学んだ人生経験は一生の糧となり、東日本大震災を生きた人間として、世界の人たちに実体験を綴ってくれるのではないでしょうか。

加賀谷光祐君の手記:東日本大震災体験
加賀谷光祐君の手記:ウインターキャンプ参加について


第二回企画:2014年7月〜8月

宮城県石巻市在住の小学6年生の酒井理子さんがスイスの絶景避暑地であるアローザ(Arosa)で開催されるサマーキャンプに2週間参加しました。


理子さんは、石巻日日こども新聞のこども記者でもあります。
東北スイス企画参加者酒井理子さん

2014年サマーキャンプ招待企画の日程


第三回企画:2014年12月

宮城県仙台市在住の小学3年生の渡辺羽音さんがスイスのウインターリゾートであるグシュタードGstaad)近くのシェーンリート(Schönried)で開催されるウインターキャンプに1週間参加します。

詳しくは、左カラムの「★2014年ウインターキャンプ★」欄をご覧ください。

「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ! 」プロジェクト招待者


《お問い合わせ先》
SwissJoho.com GmbH
「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ! 」プロジェクト事務局
代表 田山貴子
Birkenweg 17, 3072 Ostermundigen, Switzerland
電話:(日本)050 5539 5258、(スイス)031 921 52 58
E-mail: tohokuswiss@gmail.com
 
JUGEMテーマ:大震災後の復興支援

Twitter
 


サイト内容 ⇒ English Pages

Twitter

当プロジェクトについて
キャンプ参加募集要項
寄付受付について
協賛企業募集について
ボランティア参加について
当プロジェクトのQ&A
主催者について
メディア

★2014年ウインターキャンプ★
日程 スポンサー 募集要項
2014年ウインターブログ
羽音ちゃん・参加の意気込み
羽音ちゃん母・参加について
羽音ちゃんの作文 参加後の感想
羽音ちゃん母の作文 参加後の感想
羽音ちゃんの作文 震災体験
羽音ちゃん母の作文 震災体験

★2014年サマーキャンプ★
日程 スポンサー 募集要項
2014年サマーブログ
理子ちゃん・参加の意気込み
理子ちゃん母・参加について
理子ちゃんの作文 震災体験
理子ちゃん母の作文 震災体験

★2013年ウインターキャンプ★
日程 スポンサー 報告展示会
光祐君の作文 キャンプ参加について
光祐君の作文 震災体験
光祐君母の作文 キャンプ参加について
光祐君母の作文 震災体験

※ ENGLISH PAGES ※

About the Project
How to Donate
How to Become a Sponsor
How to Apply for a Camp (J)
About the Organizer
Media

★2014 Winter Camp★
Schedule Sponsors
2014 Winter Blog
Essay by Student: Swiss Camp
Essay by Mother: Swiss Camp
Essay by Student: After the Camp
Essay by Mother: After the Camp
Essay by Student: The Earthquake
Essay by Mother: The Earthquake

★2014 Summer Camp★
Schedule Sponsors
2014 Summer Blog
Essay by Student: The Earthquake
Essay by Mother: The Earthquake

★2013 Winter Camp★
Schedule Sponsors Exhibition
Essay by Student: Swiss Camp
Essay by Student: The Earthquake
Essay by Mother: The Earthquake

Twitter

Search This Site

RSS

QR Code

qrcode