東北スイスプロジェクト・Facebook 東北スイスプロジェクト・Twitter 東北スイスプロジェクト・YouTube 東北スイスプロジェクト・LINE

Essay from Kousuke's Mother: After the Great East Japan Earthquake

Because Life Must Go On

JAPANESE


Our neighbor rebuilt their house.
Because the ground of the former house became liquefied due to the earthquake. 

Another friend bought a new car.
Because the tsunami carried away his former car when it was parked at the Sendai Airport on his way to visit his parent’s place.

A customer who visits my workplace is from Minamisoma (Editor’s Note: Minamisoma was heavily hit by the tsunami after the Great East Japan Earthquake.)
He worked as a maintenance engineer at a nuclear power plant in Fukushima. Now he lost his job as well as his place to live after the tsunami. He is still unemployed.

I live in Osaki about an hour drive from the coast. We suffered from a lot of damages by the earthquake, but the tsunami did not reach us. Three years has past since then. It appears as if the life were back to normal. However, if you saw in people’s inner heart, you could see their anxiety about having a stable home and getting a job, and their feelings for families and relatives who are still missing. It is reality that many people have many different kinds of problems here, and they are struggling, but they live from day to day. 

Because life must go on.

        
Immediately after the earthquake, a volunteer center was set up at the Ishinomaki Senshu University. I took my children to visit there several times to help cleaning debris out of the houses. There I also met many people who simply had to keep on living, and these people were all kind and generous. One family gave bottled drinks to all of us volunteers as we finished our work. They said “These drinks survived from the tsunami. It good luck drinks!” The family lived in the second floor [British: the first floor] of the house because the first floor [British: the ground floor] was uninhabitable without tatami mats. 


The volunteers were also kind.

A young man in his twenties came from Hokkaido. When the 1993 Southwest-off Hokkaido Earthquake happened, he received aid at that time. He came alone to Ishinomaki because he wanted to give something back. One middle-aged man drives his car for two hours from the eastern mountain side of Kuriyamam in Miyagi prefecture every week despite the fact that he also got damages by the earthquake. One IT company president from Tokyo came just because he wanted to help. “One person’ power may be small, but a team can become powerful!” said a group of six female co-workers who work for a pharmaceutical company in Saitama.

When I recall those who helped and these who were helped, I am impressed how people could help others from bottom of their heart. I saw long waiting lines at gas stations, supermarkets and convenience stores, but no one disturbed the other. They quietly waited for their turn in an orderly manner. The event was perhaps too big to consume at that time. It was also the beginning our challenge to live. To look on the bright side of the disaster, it proved that people are flexible, gentle and great in any situation.

Now, natural disasters are escalating in a global scale. It is said that the Nankai Trough will shift soon. I want to believe that the lessons we learned from the Great East Japan Earthquake could save us better next time. And I want to believe that if anything happens anywhere, Japan and the world could get together and help us all stand up together.


1 October, 2013
Osaki Miyagi prefecture
Kousuke’s Mother.

日本・スイス国交樹立150 周年記念ロゴイタリア語

※ The "Bring Tohoku Kids to Swiss Camps!" Project received the endorsement as part of the 150 Years anniversary events as well as the general endorsement from the Japanese Embassy of Switzerland.

http://www.eda.admin.ch/eda/en/home/reps/asia/vjpn/embjpn/anchjp.html (English)
http://www.ch.emb-japan.go.jp/anniversary2014/index.html(German)

The image is the Logo for the 150 Years Anniversary of the Establishment of Diplomatic Relations between Switzerland and Japan. (Japanese and Italian text)
 

JUGEMテーマ:関東・東北大地震〜被災者に応援メッセージを送ろう〜

東北スイスプロジェクト・Facebook 東北スイスプロジェクト・Twitter 東北スイスプロジェクト・YouTube 東北スイスプロジェクト・LINE

"Why I want to go to Switzerland" by Kousuke

Why I want to go to Switzerland.

JAPANESE


I want to try and touch the things I haven’t done. This is my first reason that I want to go to Switzerland. One fears of what he doesn’t know. I knew well that if I try new things I can enter the new phase of my personal development. But I was unable to do that in readily. My close friend informed me about the “Bring Tohoku Kids to Swiss Camps!” Project, and I thought maybe I will try to reach out of my boundary a little.

Secondly, I want to reduce my fear of English. I’m not good at English at all. I think native English speakers will accept me even though I cannot speak English. But somehow I feel ashamed, and this feeling makes me scared to speak English to foreigners. I cannot memorize even when I try to learn. But this may all change once I go to a foreign country, I thought. In Switzerland, there are more languages spoken and I may hear conversations that will make me even more confused. However, even these experiences, I thought, will give me a positive influence. I hope I will be exposed to a lot of other languages and I can understand people from other countries more.


1st October 2013
Osaki, Miyagi Prefecture
Kousuke

日本・スイス国交樹立150 周年記念ロゴ英語語

※ The "Bring Tohoku Kids to Swiss Camps!" Project received the endorsement as part of the 150 Years anniversary events as well as the general endorsement from the Japanese Embassy of Switzerland.

http://www.eda.admin.ch/eda/en/home/reps/asia/vjpn/embjpn/anchjp.html (English)
http://www.ch.emb-japan.go.jp/anniversary2014/index.html(German)

The image is the Logo for the 150 Years Anniversary of the Establishment of Diplomatic Relations between Switzerland and Japan. (Japanese and English text)
 
 

東北スイスプロジェクト・Facebook 東北スイスプロジェクト・Twitter 東北スイスプロジェクト・YouTube 東北スイスプロジェクト・LINE

2013年12月スイスのウインターキャンプに参加した「加賀谷光祐君」のお母さんの作文:東日本大震災について

生きて行かねばならないから

ENGLISH


近所の友人の家が新しくなった。震災で土地が液状化し住めなくなったのだ。 別の友人は新車を買った。仙台空港から実家に行くため、車を空港の駐車場に止めた。そこに津波がきて車をさらっていったからだ。 仕事場に来るお客さんは南相馬出身だ。当時、福島の原発のメンテナンスの仕事をしていたが津波で職を失い住居も失った。現在も無職である。

私の住む大崎市は沿岸部から車で約一時間内陸側に走った所に有る。そのため地震の被害はあったものの津波は免れた。あれから三年。周辺は以前と同様の生活に戻ったかのように見える。 しかし、ひとたび彼らの心の内を覗けば、住居の不安、再就職への不安、未だ不明の親族に寄せる想い。多くの人が多種多様の問題を抱えているのも現実だ。彼らは必死で生きている。生きて行かねばならないからだ。

震災直後、石巻専修大学にボランティアセンターが立ち上がった。私たちも何度となく足を運び、被災した家の瓦礫出しや掃除の手伝いをした。そこにも生きて行かねばならない人たちがたくさん居た。そしてその人たちは一様に優しかった。別れるときには「津波にも流されなった運のいいドリンクよ。」そう言ってボランティアのみんなにドリンクをくれた。その家族の住居は二階だった。下の階は畳がなくて住めないからだ。

ボランティアもまた優しかった。

北海道から来た20代の青年。1993年北海道南西沖地震の時、まだ幼かった彼は当時救済を受けた。その恩返しをしたいと石巻に単身でやって来た。自分も地震の被害を受けたにも関らず宮城県東部の山間部にある栗駒市から車で約2時間かけて毎週やってくる中年男性。ただひたすら役に立ちたいからと東京から駆けつけたIT関連の会社社長。ひとりの力は小さいけどグループなら力に成れるかもと言っていた埼玉の製薬会社の女性を含む同僚6人グループ。

助けた者、助けられた者。彼らの事を思い出すたび感動することは、人は他(た)の為にこんなにも心を砕く事が出来るのだということ。ガソリンスタンドにできた長蛇の車列。スーパーやコンビニにもたくさんの人が並んだ。どちらも整然と順番を待っていた。決して先を争う事はなかった。 受け止めるには大きすぎる出来事だった。そしてそれは「生きること」への戦いの始まりでもあった。また皮肉にも、どんな状況でも人は柔軟であり、優しくもあり、偉大である事も証明してくれた。

今、地球規模で激しさを増す自然災害。近い将来、南海トラフが動くと囁かれている。東日本大震災の反省がその時を救ってくれることを信じたい。そしてどこかで倒れた人がいたならば日本中の、いや世界中の偉大な心が集結し、共に立ち上がってくれることを信じたい。

2013年10月1日
宮城県大崎市 加賀谷光祐の母

日本・スイス国交樹立150 周年記念ロゴドイツ語
「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトは、日本・スイス国交樹立150 周年記念イベントで、承認された事業です。

「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトは、在スイス日本国大使館の後援を受けております。

http://www.ch.emb-japan.go.jp/anniversary2014/index.html
http://www.mofa.go.jp/mofaj/procedure/shinsei_youryo.html

※ The "Bring Tohoku Kids to Swiss Camps!" Project received the endorsement as part of the 150 Years anniversary events as well as the general endorsement from the Japanese Embassy of Switzerland.

http://www.eda.admin.ch/eda/en/home/reps/asia/vjpn/embjpn/anchjp.html (English)
http://www.ch.emb-japan.go.jp/anniversary2014/index.html(German)

画像は、日本・スイス国交樹立150 周年記念のロゴ(ドイツ語・日本語)です。

The image is the Logo for the 150 Years Anniversary of the Establishment of Diplomatic Relations between Switzerland and Japan. (Japanese and German text)

 
 

東北スイスプロジェクト・Facebook 東北スイスプロジェクト・Twitter 東北スイスプロジェクト・YouTube 東北スイスプロジェクト・LINE

2013年12月スイスのウインターキャンプに参加した「加賀谷光祐君」のお母さんの作文:光祐のスイスキャンプ参加について

今回のお話を頂いて

先日、仲良しの友人から今回のスイスでのキャンプと語学研修のお誘いを受けました。スイス。教科書で学んだなぁ。永世中立国だったなぁ。国連機関の本部がたくさんあったような。知識としてはこれくらいで、テレビや写真から受ける印象は、山が美しく景観のすばらしい国だということ。そんなすばらしい国に本当に息子を招待してくださるのか? 

息子と相談した結果、彼のためには願ってもないチャンスだと捕らえ、参加させていただこうと思いました。

2011年に起こった東日本題震災。宮城県でも東部に住んでいるため津波の被害は受けませんでした。石巻にボランティアセンターが立ち上がると、息子と出かけていきました。沿岸部の状況は惨憺たるものでした。

数回にわたるボランティア活動は、当初は被災した人を助けたい。その一心でした。けれど結果は、被災した彼らの勇気や優しさに感動し、生きることの素晴らしさを逆に教えてもらった活動となりました。これは私の感想です。彼にも、言葉にはならない精神的な部分での影響は大きかったように思えます。

彼は現在17歳。これまでも様々な経験をしてきました。それらはこれからの彼の人生に大きく影響してくれると信じています。そして今回のスイスへのお誘い。同様に彼がまた一歩前進するチャンスに思えてなりません。

様々な国の同年代の子が集まる場所で、彼が何を学んでくるのか。好奇心の塊のようなこの年頃にこのような経験ができることは最大の宝になるに違いありません。この企画が成功し恒例の企画となり多くの日本の青少年たちの成長の場となることを願っています。

2013年10月1日
宮城県大崎市 加賀谷光祐の母


 
日本・スイス国交樹立150 周年記念ロゴイタリア語

「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトは、日本・スイス国交樹立150 周年記念イベントで、承認された事業です。

「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトは、在スイス日本国大使館の後援を受けております。

http://www.ch.emb-japan.go.jp/anniversary2014/index.html
http://www.mofa.go.jp/mofaj/procedure/shinsei_youryo.html

※ The "Bring Tohoku Kids to Swiss Camps!" Project received the endorsement as part of the 150 Years anniversary events as well as the general endorsement from the Japanese Embassy of Switzerland.

http://www.eda.admin.ch/eda/en/home/reps/asia/vjpn/embjpn/anchjp.html (English)
http://www.ch.emb-japan.go.jp/anniversary2014/index.html(German)

画像は、日本・スイス国交樹立150 周年記念のロゴ(英語・日本語)です。

The image is the Logo for the 150 Years Anniversary of the Establishment of Diplomatic Relations between Switzerland and Japan. (Japanese and English text)



 

東北スイスプロジェクト・Facebook 東北スイスプロジェクト・Twitter 東北スイスプロジェクト・YouTube 東北スイスプロジェクト・LINE

2013年12月スイスのウインターキャンプに参加した「加賀谷光祐君」の作文:東日本大震災体験記

東日本大震災

ENGLISH


二〇一一年三月十一日、東日本全域が大きな揺れに襲われました。太平洋三陸沖を震源とした地震の影響で周りのプレートを誘発し連鎖的に大きな揺れを引き起こしたのです。マグニチュード9.0、最大震度7という日本史に残る巨大地震の中に私たちはいました。

本震が起こる数日前から震度3程度の地震が数回起きていました。その程度の地震はほかの地域と比べて頻繁に起きていて普段はあまり気に留めていませんでした。ですが今考えるとそれは本震の予兆だったのだと思います。

その日、学校は卒業式で午後は家にいました。天気もよく穏やかな時間が流れているときそれは起きました。最初は小さい揺れ。よくあることだと気を許していたのですが「ゴォー」と言う音とともに少しずつ大きくなり本能的に外へ飛び出しました。案の定揺れはさらに大きくなり電線や車は揺れに揺れ家具の倒れる音、皿の割れる音、悲鳴が回りに溢れました。全ての音が大きく聞こえてとても長い恐怖に覆われました。約二分間、緩急をつけた揺れは続きました。家の中は足の踏み場もないほど悲惨な状況で地域の人たちも途方に暮れたように外に出ていました。私たちは怪我や家具の下敷きになったりしている人がいないか見回りにいき、信号の消えた町の中を走り回っていました。何処もひどいものでした。しかし、ほんとに恐ろしいのは地震よりもそれに伴う二次災害の方でした。

電気が消えてテレビが見られなくなった私たちはラジオや車のカーナビから情報を仕入れていました。何処にあわせても地震のニュース。その中で最も際立っていたのが大津波の情報でした。黒い濁流となった大津波が白波を立てて陸に迫っている映像。防波堤を超えて道路、町に侵入する波。北海道から千葉にかけた地域が津波の影響を受ける中で宮城県は甚大な被害を受けました。家が流されたり炎が上がっていたり・・・。その日の夜は天気がよくて停電のせいもあって、やけに星の数が多くて被災した私の心を癒すと同時に悲しみも感じていました。

数日して電気も戻り多少生活が戻ってきた時、親の誘いで被災地のボランティアに行くことにしました。百聞は一見に如かずとはよく言ったものでテレビやラジオで聞くよりもこの目で確かめたことで現実を思い知らされました。海に面した町では、そこに家があったであろう場所には土台しか残っていなくて、ビルだったであろう場所は骨組みだけ露出している状態。数日前まで賑わっていただろう町はその見る影も残さず消え去っていました。津波の爪跡はとても深いものでした。

石巻専修大学を拠点としているボランティアに参加して、多くの被災した家を見ました。何処の家も浸水したせいで二階を住居にしていました。大変だろうなと思いつつ一緒に片づけをしていると何度も「ありがとうね。助かるよ。」といってもらい最後にはなけなしの栄養ドリンクをくれました。現地の人たちは思っていたほど、テレビで伝えられているほど落ち込んだ様子はなくむしろ私たちよりもずっと前向きで強く生きていました。人は向かい風に吹かれても耐えて進める力があると実感しました。さらにボランティアに参加していた人もわざわざ北海道から来た方や同じく被災した宮城出身の方などこれほど多くの人が来るのだと思い日本人の優しさ、心の温かさをとても感じました。他国にはない日本特異の人情を見られた気がします。きっとこれからも日本人はどんなことがあろうとも手を取り合い進んでいけると思います。これが日本人の強さでしょう。

今回の被災で私は人の繋がりと人の復興する力を目の当たりにしました。ボランティアの中に関西の人がいて「阪神淡路大震災で助けてもらったから自分たちも助けるんだ」と言っていました。日本各地から救助の手が差し伸べられたのはその前に差し伸べた手で助かった誰かがいたからでした。この救助の手の繋がりがこれからも深くなっていったらいいと思います。

2013年10月1日
宮城県大崎市 加賀谷光祐


日本・スイス国交樹立150 周年記念ロゴフランス語


「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトは、日本・スイス国交樹立150 周年記念イベントで、承認された事業です。

「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトは、在スイス日本国大使館の後援を受けております。

http://www.ch.emb-japan.go.jp/anniversary2014/index.html
http://www.mofa.go.jp/mofaj/procedure/shinsei_youryo.html

※ The "Bring Tohoku Kids to Swiss Camps!" Project received the endorsement as part of the 150 Years anniversary events as well as the general endorsement from the Japanese Embassy of Switzerland.

http://www.eda.admin.ch/eda/en/home/reps/asia/vjpn/embjpn/anchjp.html (English)
http://www.ch.emb-japan.go.jp/anniversary2014/index.html(German)

画像は、日本・スイス国交樹立150 周年記念のロゴ(フランス語・日本語)です。

The image is the Logo for the 150 Years Anniversary of the Establishment of Diplomatic Relations between Switzerland and Japan. (Japanese and French text)


JUGEMテーマ:関東・東北大地震〜被災者に応援メッセージを送ろう〜

東北スイスプロジェクト・Facebook 東北スイスプロジェクト・Twitter 東北スイスプロジェクト・YouTube 東北スイスプロジェクト・LINE

2013年12月にスイスのウインターキャンプに参加した「加賀谷光祐君」の作文:スイスキャンプ参加について

私がスイスへ行きたい理由

ENGLISH


私が今回スイスへ行こうと思った理由は第一に自分の触れたことのないものに触れてみようと思ったからです。知らないものに人は恐怖します。と同時に知らないことを知ることで新しい境地に立てることもよく分かっています。でもなかなか手を出せずにいました。親しい友達の伝でこのことを知り少し手を伸ばしてみようかと思ったのです。

第二に英語に対する恐怖を減らそうと思ったことです。私は英語が得意ではありません。英語圏内の人は例え英語が話せなくても受け入れてくれるとは思いますが、どうしても恥に感じてしまうのか外人と話すこと、英語を話すことが怖いのです。どう勉強しようともなかなか覚えられません。それならば一回外国に行ってしまえばちょっとは見解が変わるのではないか?と思ったわけです。スイスはさらにほかの国の言葉もしゃべるということで更に訳の分からない会話を耳にすることでしょう。でもそれに触れることがいい事なのだと思ったのです。他国語にたくさん触れて他国に対して更に理解を深められることを期待しています。


2013年10月1日
宮城県大崎市 加賀谷光祐

日本・スイス国交樹立150 周年記念ロゴ英語語

「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトは、日本・スイス国交樹立150 周年記念イベントで、承認された事業です。

「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトは、在スイス日本国大使館の後援を受けております。

http://www.ch.emb-japan.go.jp/anniversary2014/index.html
http://www.mofa.go.jp/mofaj/procedure/shinsei_youryo.html

※ The "Bring Tohoku Kids to Swiss Camps!" Project received the endorsement as part of the 150 Years anniversary events as well as the general endorsement from the Japanese Embassy of Switzerland.

http://www.eda.admin.ch/eda/en/home/reps/asia/vjpn/embjpn/anchjp.html (English)
http://www.ch.emb-japan.go.jp/anniversary2014/index.html(German)

画像は、日本・スイス国交樹立150 周年記念のロゴ(英語・日本語)です。

The image is the Logo for the 150 Years Anniversary of the Establishment of Diplomatic Relations between Switzerland and Japan. (Japanese and English text)


 
 

東北スイスプロジェクト・Facebook 東北スイスプロジェクト・Twitter 東北スイスプロジェクト・YouTube 東北スイスプロジェクト・LINE

「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトは、認定されています!

「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトは、日本・スイス国交樹立150 周年記念イベントで、承認された事業です。

「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトは、在スイス日本国大使館の後援を受けております。

http://www.ch.emb-japan.go.jp/anniversary2014/index.html
http://www.mofa.go.jp/mofaj/procedure/shinsei_youryo.html

The“Bring Tohoku Kids to Swiss Camps!” Project is approved as part of "150 Years Anniversary of the Establishment of Diplomatic Relations between Switzerland and Japan" event.

The“Bring Tohoku Kids to Swiss Camps!” Project is also endorsed by the Embassy of Japan in Switzerland as a continuous event as long as the project lasts with a good standard.

http://www.eda.admin.ch/eda/en/home/reps/asia/vjpn/embjpn/anchjp.html (English)
http://www.ch.emb-japan.go.jp/anniversary2014/index.html (German)

東北スイスプロジェクト・Facebook 東北スイスプロジェクト・Twitter 東北スイスプロジェクト・YouTube 東北スイスプロジェクト・LINE

「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトについて・About the Project

日本・スイス国交樹立150 周年記念ロゴバナー

東北の子どもたちに笑顔を!「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトは、東日本大震災で被災したり影響を受けた子どもたちに、スイスの大自然の中で語学学習やアクティビティを楽しんでもらいながら、世界各地から参加する子どもたちと国際交流を経験してもらうために発足しました。

スイスには有数のインターナショナルなキャンプ開催校があります。キャンプ専門校は、サマーのみならず、春や冬にもキャンプを開催しています。

「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトでは、日本の夏・冬休みを利用して参加するキャンプの参加費用や渡航費をクラウドファンディングや個人の皆様の寄付、そして、企業のスポンサーで賄っています。

The“Bring Tohoku Kids to Swiss Camps!” Project was founded to invite children affected by the Great East Japan Earthquake and Tsunami to camps in Switzerland.

There are renowned international camp schools in Switzerland. Some schools are specialized in camps and offer programs not only in summer but also in spring and winter.

We invite children during the summer and winter school vacations in Japan.

Funding comes from cloud funding as we as individual donations and corporate sponsorship.


初回の「東北の子どもたちをスイスのキャンプへ!」プロジェクトイベントとして、宮城県に住む高校2年生のこうすけ君が今年12月のウインターキャンプに1週間参加することになっています。

同じ宮城県でもこうすけ君のご家族は、幸いにも最悪の被害を間逃れました。こうすけ君はお母さんと共に何度も石巻市にボランティアに参加しました。

こうすけ君の震災ショックは一生続くことでしょう。しかし、ボランティアで学んだ人生経験はこうすけ君の一生の糧となり、東日本大震災を生きた人間として、世界の人たちに実体験を綴ってくれるでしょう。

As the first project event, a 11th-grade-boy Kosuke is to join the winter camp for one week. 

Fortunately, the damage to the Kosuke's family was not the worst. Not only taking care of themselves only, Kosuke and his mother went to Ishinomaki which was heavily struck by the Tsunami as volunteer.

The earthquake shock will remain with Kosuke for the rest of his life. However, the experiences that he gained through 

the volunteer work will enhance his life along the road. We hope that he will be able to share his experiences with children abroad.


サイト内容 ⇒ English Pages

Twitter

当プロジェクトについて
キャンプ参加募集要項
寄付受付について
協賛企業募集について
ボランティア参加について
当プロジェクトのQ&A
主催者について
メディア

★2014年ウインターキャンプ★
日程 スポンサー 募集要項
2014年ウインターブログ
羽音ちゃん・参加の意気込み
羽音ちゃん母・参加について
羽音ちゃんの作文 参加後の感想
羽音ちゃん母の作文 参加後の感想
羽音ちゃんの作文 震災体験
羽音ちゃん母の作文 震災体験

★2014年サマーキャンプ★
日程 スポンサー 募集要項
2014年サマーブログ
理子ちゃん・参加の意気込み
理子ちゃん母・参加について
理子ちゃんの作文 震災体験
理子ちゃん母の作文 震災体験

★2013年ウインターキャンプ★
日程 スポンサー 報告展示会
光祐君の作文 キャンプ参加について
光祐君の作文 震災体験
光祐君母の作文 キャンプ参加について
光祐君母の作文 震災体験

※ ENGLISH PAGES ※

About the Project
How to Donate
How to Become a Sponsor
How to Apply for a Camp (J)
About the Organizer
Media

★2014 Winter Camp★
Schedule Sponsors
2014 Winter Blog
Essay by Student: Swiss Camp
Essay by Mother: Swiss Camp
Essay by Student: After the Camp
Essay by Mother: After the Camp
Essay by Student: The Earthquake
Essay by Mother: The Earthquake

★2014 Summer Camp★
Schedule Sponsors
2014 Summer Blog
Essay by Student: The Earthquake
Essay by Mother: The Earthquake

★2013 Winter Camp★
Schedule Sponsors Exhibition
Essay by Student: Swiss Camp
Essay by Student: The Earthquake
Essay by Mother: The Earthquake

Twitter

Search This Site

RSS

QR Code

qrcode